読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

クライマーズ・ハイ(テレビドラマ版)

映画の出来が良かったので「映画より良い」と評判のNHKドラマ版「クライマーズ・ハイ」をレンタルDVDで鑑賞。劇場公開作品ではないが「映画」カテゴリーで取り扱うことにする

クライマーズ・ハイ [DVD]

クライマーズ・ハイ [DVD]

結論から言うと評判どおり。映画版よりエピソードの数々が物語全体に絶妙なバランスで配されており、そのすべてが活きている。映画版で腑に落ちなかった「クライマーズ・ハイ」の取り扱いも、映画版では無かった伏線を消化する形で見事に描き切れており、ようやく納得が行った

これを見てしまうと、映画版では悠木が事故原因のスクープを逃してしまった理由をミスリードして描いていることがわかる。映画ではこの悠木の決断を「チェック・ダブルチェック」を最重要視する新聞記者の基本に立ち返った場面として描いていたが、このNHKドラマ版を見るとプロとして「頂上を目の前にして下りる」ことを選択した場面として描かれている。それは安西の山仲間が悠木に語って聞かせる「クライマーズ・ハイから覚めた時の言い知れぬ恐怖」とも密接にリンクしており、さらには物語の序盤で中途半端な決断によって見出しの選択を誤った場面が二重の伏線になっている。このあたりの伏線の張り方と消化の仕方があまりに巧みで、これを前にすると傑作と思えた映画版も霞んでしまう

キャストは五分と五分。どちらの出演者も皆素晴らしい。ただ映画版の人物設定はやや大袈裟でフィクションに振り過ぎたきらいがあり、この点でもドラマ版の抑制の効いた重厚な作りに軍配が上がる

いずれ新聞報道の現場を描いた作品として出色の出来。必見の一作だ

広告を非表示にする