読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

週末にラン意欲をむやみに触発されてしまった件

テレビ

今朝は5時過ぎに起床。しかし予報通りの雪。それもベシャベシャの雨まじり。寒さはさほどでもないものの、この季節に全身ずぶ濡れは避けたいのでランオフ

それでなくてもやることは目白押し。町内の資源回収のお知らせポスターと回覧用のビラを作り、その掲示と配布。その後は駐車場の雪かき。重い雪と格闘しているうちにあっという間に7時になってしまった

いわきサンシャインマラソンまでの日数を考えると、ここでランオフが続くのは非常に痛い。それでなくても先週末にランへの意欲を触発されるものを立て続けに見てしまったので、少々焦る

その週末に意欲を触発されたものの一つがこれ
www.youtube.com
全国都道府県対抗女子駅伝のアンカー対決。愛知、群馬、兵庫、京都の4つどもえの戦い。とくに1分半もの差を逆転して愛知に優勝をもたらした鈴木亜由子選手の走りが本当にすんばらしかった

左右にブレることがほとんどなく、腕は腰よりも低い位置に下げたまま小刻みに振る程度。見た目身体のどこにも力が入っていない感じながら、テンポよくヒタヒタとピッチを刻んでいくその走りはまさに理想的。性別も体格もレベルも何もかも違うけれど、テレビの前で彼女の走りを見ながら

アタクシの目指す走りはこれだ!

と思ってしまった。ホント誠に失礼ながら

次回からの練習では鈴木選手のフォームをイメージしながら走りたいと思う。無論イメージするのはあくまでもフォーム。40代半ばのオッサンが鈴木選手をイメージしながら走ったらただのヘンタイですから(;・∀・)

もう一つ触発されてしまったのは「ラン×スマ」の金哲彦さん50代でサブスリーに挑戦の回

この回で金さんがレース9ヶ月前に練習を始めた際にジョグペースをキロ5分程度に「引き上げた」という話にはとても勇気づけられた。金さんのレベルでも普段のジョグはもっと遅いペースだったわけで、追い込み時期でなければもっと遅いペースでも走力は維持できることがわかったのには妙にホッとしたε-(´∀`*)ホッ

追い込み時期のスピードトレーニングではキロあたり3分50秒程度の2kmインターバル走、キロ4分を切るスピードでの10kmペース走をやっていたが、これもとても参考になった

そしてレース本番。さすがの金さんでも30kmを過ぎてペースが落ち、最後の2kmは4分40秒くらいまで落ちてしまっていたが、それでもしっかり有言実行の走りをした金さんはカッコ良かった

自分もいつかあのレベルまで行きたい。そのためには練習だ!

、、、、とテンションだけは上がっていたのにこの2日ランオフですよ┐(´д`)┌

外の天気を見ると明日も走れるかどうかは微妙。スクワット最低300回、プランク1分3セットだけは毎日やってるけど、やっぱり走れるようになるのが一番良いんだがなあ(;´Д`)
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする