読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

スーパーロング走失敗したけど「よかった探し」

今日は仕事が代休のため、予定していたロング練習の日。のつもりだったのだが、どうにもモチベーションが上がらない。外は今にも雨が降り出しそうな曇天。脚も重い。それでも今日を逃すとなかなか長い距離を踏めるチャンスは来ないかもしれない、と思いなおして8時過ぎに外へ

今日の目標は50km。これを5〜6時間くらいで走りきりたい。距離も時間も未体験の領域なのでどうなるかわからないが、あまり深く考えず走り出す。長く走るので、今日はYURENIKUIを装備。グリーンダカラの500mlペットボトルを入れ、さらにBCAA粉末とスポーツようかんプラスをポーチに入れた

最初に昨日走った蝶ヶ森山をゆるゆると行くが、すぐに「いきなりキツイところ来過ぎた」と後悔。路面は昨晩の強風のせいで折れた枝や枯葉が散乱していてとても走りにくい

なんとかキツめのアップダウンをクリアして幹線道路へ出ると道端にはタンポポの花が咲いていた

空は曇っているが、その割に見通しは良く、バイパスからは遠くに岩手山も望めた

そこから一昨日にも通った雫石川沿いの道へ

20km以上走ってから折り返せば最終的に40km近くなるだろう、ということで川沿いをひたすら走り、きっかり20kmでBCAA粉末をグリーンダカラとともに摂取し、もと来た道を引き返した

このあたりでもう精神的にはヘロヘロ。当初の50kmの目標は「最低45km」「せめてフルマラソンの距離」「4時間走ればいいか」とどんどん下方修正。ペースは信号待ちなどを除くとキロ5分10-20秒くらいで安定していたがそれもあやしくなってきた

ウォークブレイク、というかただの歩きをときどき挟んで水分補給をしながらの苦しい走り。だんだん股関節の内側が痛くなってきてスピードも落ち始めた。風はあるが暑く感じてやたらと喉が乾く。桜の季節だというのに、こんなに暑く感じるのは何かがおかしい

距離にして30kmに到達したところでペットボトルに手をやるともうひと口も水分が残っていない。ここで精神的に完全にキレる

もう限界!無理!帰ろう!

そう思ったがまだ家までは距離がある。走り始めてからの時間も3時間にすら達していない。せめて「今日の練習は3時間走」ってことにしておきたいし、家に歩いて帰るのはミジメなので、ペースを落としつつもそのまま走り続ける

ようやく自販機を見つけてノンカフェインのお茶を飲むと少し元気が出てきたのでペースを戻し、家まで走りきると総走行距離は36.5km、移動時間は約3時間20分となった。というわけで今日の練習は200分走です!

結局スーパーロング走計画は失敗。それなりに余裕を持って走ったはずなのに36kmしか走れなかった自分のヘタレっぷりにガッカリした。36kmをいわて銀河100kmのコースで言うと、なめとこ山の入口あたりまでの距離。なめとこに挑むことなく散る計算w。全然ゴールできるイメージが無い。これはマズイよ_| ̄|○

走り終えた直後の自分の体調は、股関節の内側に筋肉痛、激しい喉の渇き、下腹の筋肉に痛みがあったが、これを書いている午後9時現在では、このうち下腹部の痛みが多少あるくらいで、ほかは何ともない。明日も走ろうと思えば走れそうな状態であることを考えると、あれしか走れなかったのは精神的な問題が多そうな気がする

肉体のダメージの少なさはポジティブな要素。ふくらはぎや脛はほぼ無事。以前はよく攣ったふくらはぎも攣る気配すらない。しかも今日はマグオンを用意してもいなければ、テーピングも施してない。30km超の距離についての耐性は遅いながらも少しずつ付いてきてるのかもしれない

目標には達しなかったが中1日で30km超のランがこなせたのはいままでなかったこと。精一杯ポジティブに捉えて次こそは!の気合いで臨みたい(何に?)

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする