カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

オッさん、ウルトラの補給で悩む

皆さん、肝臓はお元気ですか?こんばんは。肝硬変のオッさんですm(_ _)m

初ウルトラ(にして最後になるかも)まであと2週間とちょっと。ロクにロング練が積めてないのもさることながら、肝硬変という不治の持病を抱える身としては不安は募る一方

本来なら、本当に100kmも走っていいのかどうか?(できるかどうかはともかく)事前に医者に確認を取るべきなのかもしれないが、そんなこと怖くてできないのでやってない。まあもし「ダメ」って言われても走っちゃうんだろうけど

冷静に考えて、エネルギーの貯蔵庫であるところの肝臓が健康体の6割程度しか働かないアタクシは、長距離ランナーとしては当初段階からかなりのハンデを負っている(not言い訳)。そのハンデを少しでも埋めるために、レース前からレース中の補給作戦を綿密に立てておく必要があるのではないか?と思い始めた

今回100kmの距離を自分の足で移動するにあたって、レース中、身体にどんな変化が起きるのか、それが知りたくて、とにかくたくさんの方の100kmレースレポを読み漁った。それによって、初夏の1日、十数時間にも及ぶレース中に起こりうるさまざまなトラブルを知識として蓄積することに努めた

その中で最も多くの方が遭遇していたのが胃腸のトラブル。長距離、長時間を走り続けるために内臓が揺さぶられ、胃や腸にダメージが蓄積された結果、レース後半補給食を受け付けられなくなりガス欠でリタイヤに至るケース。完走こそ果たしたものの激しい嘔吐を繰り返しながら、レースの過半で地獄のような苦しみを味わい続けるハメになってしまったケース。。。これ、不安というより恐怖ですわ(((=_=)))

そんな恐怖に打ち克つべく、とりあえず今考えてるのはYURENIKUIを装備して、いつでも水分補給できるようにすること。ボトルの中身は逐次エイドで補充して、水分を切らさないようにしたい

胃腸は強い方だとは思うのだが、念のためレース5日くらい前から胃壁保護と胃酸分泌抑制のため胃薬を飲んでおこうと思う。レース中はDBを我慢しなくて済むように下痢止めを携行するつもり

BCAAとL-グルタミンの粉末を複数小分けして持って、15km毎くらいに摂取し、筋肉疲労に備えようと思う。フルマラソンでは毎回計画しつつ、なかなか予定通りに摂取できずにいたのだが、ウルトラではゆっくりできる分、この辺はしっかり摂っておきたい

レース前半はなるべくエイドの固形物も食べておきたい。いわて銀河ではパンやシャリ玉が出るらしいので、これもなるべく摂れるときにしっかり摂っておこうと思う。そのほかにジェルも用意。これは当初6本、途中ドロップバッグで補充するつもり。持つつもりなのはマグオンのアップル味とスポーツようかんプラス。どちらも味が好みなので。疲れている時に不味いジェルは飲みたくないので(-。-;

こんなにたくさんYURENIKUIとランパンのポケットで持ち切れるのかは試してみないとわからないが、不安が大きいのでこれくらいは持っておきたい。いや、正直な話もっと入るならお菓子とかも持ちたいくらい。塩気の効いたナッツ類とか持てると気分転換になって良いと思うんだけどなー

まあ要検証ですな

話変わって本日のランは最近おなじみのプチファルトレク。坂に慣れるのが目的。今日も下り時の足捌きに注意しながら走ってきた

さらに会社から家に帰るとこんなものが届いていた

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
というか来てしまった、、、

やらねば。いや、やる

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村