カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

2リーグ堅持?

1リーグ制へ向けて一気に動くかと見られたプロ野球界だが、阪神野崎社長の「時期尚早」との発言を受けて巨人を除くセリーグ各球団が1リーグ移行反対に回る動きを見せている

まあこの反対行動も結局は経営論理によるものに違いはないのだろうが、対ナベツネ精力の結集は素直に歓迎したい。1リーグ制への流れそのものが、ナベツネ・堤の謀議による出来レースであることが鮮明になってきた今、まずはなし崩し的な流れを食い止めることが先決。そこから実質的な議論に入ればよい

結局突き詰めなければならないのは、プロ野球興行をいかに成り立たせるか、の一点だろう。プロ球団が私企業である以上、経営が立ち行かなければどうしようもない。12球団のまま、全球団が健全な経営体制を維持していく方法があるのか否か?あるいは8ないし10球団に減らさなければならないのか?各々の具体的な道筋を示せなければ意味が無い

2リーグ12球団では経営が立ち行かないところが出てくる、というのが1リーグ派の言い分なのだろうが、では1リーグに移行すれば経営が良化し、球界が活性化する、という根拠を示さなければならない。もちろん12球団を堅持する、というのであればそれなりの運営案を示す必要がある

いずれにしても性急に結論を出せる問題ではないだろう。論議を尽くして活性化のための調整をしていかなければならない。それはプロ野球機構の責務である

広告を非表示にする