カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

HERO

WOWOWで放送されたので木村拓哉主演の「HERO」を観た。最近よくあるテレビドラマの映画版なのだが、よくも悪くもテレビドラマの延長。映画にする必要はなかったんじゃないかと思える作品

HERO スタンダード・エディション [DVD]

HERO スタンダード・エディション [DVD]

簡単なはずの傷害致死事件が大物代議士の贈収賄事件に絡んでいる、というヒジョーにありがちかつ単純な構図を2時間の尺に延ばした技はある意味見事。検事を主人公に据えた物語なので作品の楽しみは、ひとつひとつ別個の証拠を精査して一つの事件に結び付けていく犯罪捜査の部分と丁々発止の法廷劇にあるのだと思うが、どうしても既存のドラマファンのためのサービス消化に忙しくなってしまい、その部分が非常に薄っぺら。韓国人俳優をゲスト出演させたいがための必然性の無い韓国編はその際たるところ。証拠隠滅のために犯行に使われた車をわざわざ韓国まで運んでおいて海に沈めるってどういうこと?w

主人公のライバルとして登場したはずの敏腕弁護士のキャラも弱い。もっと徹底的に頭の切れる最強の敵でないとならないはずなのに、言い逃れがうまいだけの弁護士ではまったく話が盛り上がらない。おまけに結局は主人公側に迎合してしまい、敵キャラとしての役割すら放棄してしまう始末。すべてが都合よく主人公の思惑どおりに流れていってしまう感が強く、自ら何かを切り開いたという達成感に乏しい

キムタクと松たか子の(ファンにとっては)気になる関係も最後のサービスシーンで大団円ということらしいが、あの小っぱずかしい演出には失笑を禁じえなかった。誰か反対しなかったのかよ

まあ、テレビドラマのファンなら楽しめたのだろうけど。過剰なまでのサービスにすべて「力こぶ」が垣間見えるような造りに正直辟易。よくもこんな客を限定するような作品をわざわざカンヌまで売り込みに行ったものだと思ってしまった

広告を非表示にする