カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

バンテージ・ポイント

劇場で予告編観た後すっかり忘れていたのだが、TSUTAYAに行ったらあったのでレンタルBDで鑑賞

大群衆の前で突然何者かに狙撃された米大統領。暗殺犯は一体誰なのか?事件の真相をその場に居合わせた8人それぞれの視点から追うことで解き明かしていく、といった内容。黒澤明の「羅生門」や最近ではテレビシリーズの「24」と似たような構造の作品。ただ、観客を煙に巻いたまま終わる「羅生門」に比べるとこの映画は実にスッキリあっさりした仕上がりになっている

謎が謎を呼びつつ話の辻褄が合っていく過程は面白い。しかし7人目までの視点では真相はさっぱりわからず、最後の一人だけですべてのネタバレをしてしまうので、そこまでの展開にあまり意味を見出せないところが難点。カーアクションは確かに見ごたえあるものだが、せっかくそこまでサスペンスで引っ張ったのだから、アクションの派手さでごまかさないで欲しかった気も

それでも最近の映画には珍しく、90分という短い尺にこれだけの内容を凝縮して見せた演出はなかなかのもの。「待ち時間」が短いので、どれだけ謎が深まってもイライラさせられることは無い。あまりに多くの人が短時間にあっさりと死んでいくため殺伐な雰囲気になりそうなところをフォレスト・ウィテカー演じる旅行者が爽やかにシメてくれるのも良かった

広告を非表示にする