カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

本当に切り詰めてんの?

言いたいことはいろいろあるが、シンプルに書く
母子加算:復活求め国会内で緊急集会 - 毎日jp(毎日新聞)

 生活保護母子加算の復活を求めて20日、当事者の母親や支援者らが国会内で緊急集会を開いた。母子加算は、民主党が復活を掲げる一方、財源を巡り調整が難航。長妻昭厚生労働相は、復活にあたり財務省側が、生活保護世帯に対する高校生への就学費や学習支援費の廃止を求めていることを明らかにしている。

 集会では、高校1年の息子と暮らす東京都の川口紘子さん(50)が全面的な復活を求め、「加算分の2万3000円の廃止で、食費を1日1000円以下に切り詰めている。1日3食たべられない暮らしとは何なのか、保護の対象者は生かさず殺さずなのでしょうか」と訴えた。川口さんの場合、母子加算が復活しても、高校生への就学費や学習支援費が削られると、実際には月額約3000円しか増額されないという。

母子加算が廃止されたので、息子と2人暮らしで一ヶ月の食費を3万円以内に切り詰めてます」と

それってごく普通の生活じゃないすか?

しかも全額不労所得で賄ってるわけでしょ?都内で手取り月収20万円前後の人なんて、大概この程度かそれ以下の出費で生活してると思うが

まあ働く場所が全然ないのならそれはそれで気の毒とは思うけど、直接給付より雇用環境の整備を優先するのが政治のあり方なんじゃねえの?
ポチッとな