カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

いつものロードワークと田沢湖エントリー

今朝はいつもの岩山ロードワーク。しっかり負荷をかけて、でもフォームは崩さないように駆け上ってきた

上りながら気になったのが足首の動き。とくに急な上りの際、踏み出しに力を込めるとどうも足首に無駄な動きが生じるような感じがした。以前から多少気になってはいたのだが、長時間この状態で走り続けると脹脛に負担がかかって最悪痙攣ということになりそうな気がする。さっそくこれを封じるにはどうするか考え、フォームを少しいじってみることにした

まず足首の角度を可能な限り固定して、腿裏の筋肉の力で身体を上り勾配に並行になるように押し上げていく。そしてその際上半身は骨盤の真上に乗せて、かつ頭が無駄に上下動しないように心がけて走ってみた。こうすると明らかに今までより速いペースでスイスイと上れる。腿裏の負担は大きいが、脹脛や足首に負荷がかからないので全体としての疲労はさほど大きくならない。感覚を掴むと苦しいはずの上りが楽しく思えるから不思議(苦しいことは苦しいんだけど)

帰りは例によって直線で加速。全力で行けるのはせいぜい300mくらいだが、インターバルもどきでしっかり足の回転と腕振りの連動を意識しながらスピードを上げ、最後はヘロヘロになりながら10kmで終了した

平日は時間が取れないので持久力トレーニングができないのが不安要素なのだが、ここはなんとか週末に補いたいところ

ところで先日「高橋尚子さんがゲストで来るので出ようかどうしようか悩んでいる」と書いた田沢湖マラソン。思い切って20kmにエントリーしてみることにした。やっぱりどうしてもQちゃんに生で会いたい!という気持ちには勝てなかった(^_^;)。アップルマラソンの2週間前というタイミングだが、20kmなら練習と割り切って良いだろうし、田沢湖名物の急坂も経験してみたい(坂大好き!)し

広告を非表示にする