読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

碁石海岸で旅ラン

日曜は前日の予告通り、大船渡碁石海岸近辺をジョグして来ました


この日の朝のスケジュールはザックリと
起きて
走って
風呂入って
朝ごはんを食べる


シャワーが風呂になっただけでいつもと変わらん(-。-;


朝は5時15分に起床。暗い中不案内な道を走るのは危険なので、少し明るくなるのを待って5時40分頃宿を出た

目的地は近くの景勝地「穴通磯」。地図で見ると宿から北東にだいたい3kmほど行った場所にあるので、ゆっくり行っても3、40分で帰って来られるだろう、と踏んで出発


3km程度楽勝〜♪と思ったのは最初だけ。ほとんどフラットなところがなく、結構上がったり下がったりするので、ゆったりペースでも息が上がる

それでも距離は短いのであっという間に目的地の穴通磯の駐車場に到着


すぐ見えるのかと思ったら、なんだか看板があって、さらに奥へ行くらしい

看板に従って林に入ると、普通にトレイル(-。-;おおお、結構走りにくい

途中からは階段。コケないようにおっかなびっくり小走りで行くと、なんか見えてきた

穴通磯キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

このときちょうど日の出の時間。しばし朝日に見入る

一旦駐車場へ戻り、地図で帰りのルートを確認。それによると、どうやらここから海沿いのトレッキングコースを通って、宿の近くまで帰れるらしい


トレッキングコースの入り口を探して道を引き返すと、それらしい道しるべを発見

少しぬかるんだ路面に足をとられながらえっちらおっちら走っていく。普段こういうトレイルっぽいところはほとんど走ることがないので新鮮な刺激

ふと朝日の方を見ると、さっきよりも高くなった陽の光が水面に映えてキレイ

道はほとんどが結構キツめの上りか下り。なかなか走り続けるわけにもいかず、ときどき早歩きを入れながら進む。と、突然道が途切れる

明らかにこれまでと路面の感じが違っているのだが、少し先に道しるべがあるので道は間違っていない。もしかして、ここ少し崩れてない?(-。-;


慎重に崩れたと思われる場所を越えて、道しるべのところまで行くと、急な上り階段が現れた

腿のトレーニングとばかり階段を駆け上がり、少し走れる道に出た

途中北緯39度の標柱を発見

視界が開ける場所に出ると、目の前には巾着岩が見えた

まともに走れる道はあまりなくて、すぐまた急な下り階段

階段を下って行くと小さな入江の漁港に出た。赤土倉というところらしい

再度地図を確認すると、ここから更にトレイルロードを進んで大浜というところに出られるらしい。が、その入り口がわからなくてしばしウロウロ


やっとそれらしい道を見つけると、またしても急な上り階段( ;´Д`)

少し登ってみたが、そのあとも延々階段の連続になっているのを見てゲンナリ。このまま階段トレーニングしてもいいが、あまり帰りが遅くなると朝食の時間に間に合わなくなりそうだったので断念


赤土倉へと戻り、そこから舗装路を登って宿への帰路に着いた


碁石海岸のキャンプ場を横目に見て

世界の椿館の前を通って

ここから碁石浜の宿までは下り一辺倒

浜に降りて、防波堤をひとまわりしてダウンジョグ

海の中をのぞきこむと小魚がいっぱい。釣りしてる人に聞いてみたらタナゴだそう。目の前にいっぱいいるのに、なかなか釣れないw


走行距離はわずか約8km。しかしキツめの上り下りばかりで、それなりに脚筋に刺激は入れられた


知らない道なので毎回いろいろなことが起きるが、旅ランはやっぱり楽しい。次の旅ランは年明けになるだろうけど、またどこか知らないところで走りたいなー

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする