カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

奥州きらめきマラソン ふりかえり その4

灼熱地獄の後半戦

木橋を渡って工場の間の路地で25kmの給水。このあたりから急に呼吸が苦しくなり、脚もバネが効かなくなってきた


このあとは今回のコースで最も応援の多い区間。しかし、さっき飲んだばかりのはずなのに妙に喉が渇く。苦しくて腰低のフォームが維持できず、気をぬくと腰が伸びてヒョコヒョコした走りになってしまう。当然ストライドは伸びず、スピードも落ちる


28kmのエイドでも沿道からの声援が飛び交う前をトボトボと歩きながら給水。ここで少し早いがカフェイン入りのマグオンのレモン味を摂った

カフェインの覚醒効果に期待して脚の復活を待つ。が、苦しいまま。日差しを遮るものがまったくといって良いほど無い道が続く

苦しくて歩く頻度が高くなる。2.5kmに一度のウォークブレイク計画はすでに崩壊。1kmくらいしか続けて走れない


コースはふたたび田園地帯へ

次のエイドはまだかいなー、と走って歩いてを繰り返すうちに30km到達

20kmから30kmのラップタイム

明らかに落ちてるがもう歯止めが効かない。それでも走っている間はキロ5分前後のペースまで上がるのだが、キープできずに歩いてしまうので結局タイムは大きく落ちる


このあたりでは、次のエイドが遠く感じて仕方なかった。もう求めるものは水、水、とにかく水

水だ!水をくれー!


と思ってたら31kmくらいで産直来夢くん前のエイドに到着。ここの給食は、、、饅頭?

すみません、そんな水分ドロボウは喉を通りません!


スポドリ、水をとって、給食はチョコをひとかけもらった。甘ッ旨ッ

エイドを離れるとそこは再び灼熱地獄。それでも補給したので少し元気を取り戻し、ペースを上げようとしたそのとき

右のふくらはぎに攣りの兆候がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!


まずいまずい。これは完全に攣ると終わってしまう。こういうときは停まると逆に強い痙攣を引き起こしてしまうのは経験上わかっているので、ひとまず歩きながらカカトをしっかりついてふくらはぎを伸ばす

34kmくらいだったか、沿道に住んでいる方が設置してくれたであろうシャワーがあったのでありがたく浴びさせてもらう。火照った身体に水が心地良い

さらに私設のエイドで水をもらったのだが、このシャワーと飲み水はキツイときだったので本当にありがたかった


歩きながら時計を確認。キロ6分ペースでもサブ4には間に合うが、今のペースだと怪しい。計算上キロ7分だとゴールタイムは4時間を超える。しかもふくらはぎは一触即発の状態。もし攣ったらもっと遅くなる


iPhoneを取り出し、Twitterで「サブ4あきらめた!」と打つ。投稿しかけて、やめた。別に本来の目標でもないサブ4を諦めるのになんで宣言する必要があるのか。わけわからん。何をやってんだオレは、、、


歩きながら筋肉を休めると痙攣が収まってまた走れるようになる。少し走るとふくらはぎに違和感が出るのでまた歩く。これを繰り返して少しずつ前へ進む。そう、それだ

それでいい。それでなんとか完走はできるはず。去年のアップルマラソンではタイムにこだわるあまり無理をして完全に脚を攣って終わってしまった。その轍はもう踏むまい


それでもアタクシが走るのをやめて歩き出すと、沿道から「がんばれ!」の声援を受けてしまう。ありがたいんだけど、ちょっと自分が情けなくなって悲しい

あんまり「がんばれ!がんばれ!」と言われるので、思わず「いや、オレもう結構がんばってんのよ」と返すと、沿道の人も頷きながら大笑いしてくれた


調子に乗って「第一回大会で死人出すわけにいかないっしょ?だから歩いてんの!w」と言うと更に大ウケ。ウケたから良し!

30kmを過ぎてからは1kmにつき200mくらいは歩くくらいで少しずつ進んだ


相変わらず喉は渇く。思わず田んぼに張った水に顔を突っ込んで飲みたくなるほど

37kmでようやく公式のエイド。エイドの手前に設置されたシャワーをたっぷりと浴び、水とともに最後のジェルを流し込んだ

たくさん歩いて休んだせいか、38kmを過ぎて少し身体が動くようになってきた。もうタイムは気にしていなかったが、ここから少しでも挽回するように走った

39kmくらいだったか、再び鉄人28年さん宅前の私設エイド。ここではコーラをもらった。うまい!うれしい!ありがたい!お礼を言って、ガンダムを撮影。ヨゴシの入った素晴らしい出来。暑い中、本当にありがとうございました


楽しくて少しゆっくりし過ぎてしまった

相変わらず走りと歩きを交互に繰り返しながら行くが、少し走りの方にリズムが戻ってきた。苦しいけどあとちょっと。あと3km、あと2kmとカウントダウンしながら進むと、ついにスタートゲートが視界に入ってきた

スタートゲートをくぐってもまだゴールじゃないことは予習済み。スタート前に並んだ道を進み、競技場脇の通路に入ったところで「あ、父ちゃん!」とカミさんに声をかけられた。イマイチ余裕がなかったのでこのときは軽く手を挙げただけで通過。その様子を息子はカミさんのiPhoneで撮影

競技場に入ると、先回りしたカミさんと息子、母の姿が視界に入ったので、トラックの大外をまわって近寄った

まったく余裕はなかったが、Vサインで元気なフリ(-。-;

それなりに走ってる風を装ってwゴールへ向かった

ゴールの直前で会社のK先輩に声をかけられたが、何を言われたかも答えたかも全然覚えてないw。ポーズをとって写真を撮ってもらった気はするけど、当人にまだ確認してないので不明w


なんとなくサブ4は間に合ったかな?と思ってゴールゲートの時計を見ると、既に3時間59分。うわw超ギリギリwww。途中ほぼ諦めて、もう4時間切れなくてもいいやと思っていたけど、いざ切れるとなるとやっぱりうれしい。喜ぶようなタイムじゃないけど、納得ではあったので、両手を軽く挙げてゆっくりとゴールのマットをまたいだ


すぐに振り返ってコースに一礼。ゴールゲートを撮影すると、まだ時計は4時間をまわってはいなかった

家族に迎えられて、何かを喋った気がするが、これも覚えていない。このときはもうとにかく「やっと終わった」それだけ

やっと息を吹き返したのはスポーツドリンクのペットボトルをもらってほぼ一息に飲み干したあたり。口の中に水分が戻った途端に出て来た言葉は「疲れたー」。そのまま「づがれだー」を連発しながら記録証受け取りへ向かった


タイムはフルマラソン完走6回目にして堂々のワースト記録(;´Д`A


30kmからゴールまでのラップは以下の通り

あらためて見るとヒドイw


まあでも、リタイヤしなかった、しようとも思わなかったことに価値がある、としておこう。今回は


今回のレース。タイム的にはまったくダメだったし、結果を見れば大激沈レースだったかもしれないが、実は自分としては「失敗した」とは思っていない


仕上がり不十分、膝の痛みと坐骨神経痛があり、当日は猛暑という厳しい条件の中、なんとか4時間を切り、ゴールまで辿り着けたのは、これまでの失敗経験がそれなりに活きた結果ではなかったかと思う


それにしてもマラソンって怖い。難しいもんですね

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村