カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

F1東京グランプリ!?

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20070805-OHT1T00091.htm

東京で公道F1レースが実現!? F1界の実力者、国際自動車連盟(FIA)のバーニー・エクレストン副会長が4日、F1レースを東京の市街地で行いたいという構想をハンガリーハンガロリンクでぶち上げた。F1は新たな開催地に公道レースを次々と導入しており、東京開催が実現すれば、静岡・富士スピードウェイでの日本GP(今年は9月30日決勝)と合わせ日本で2レースを行う意向だ。

 F1の興行にかかわる数々の権利を有し、開催地選定に大きな影響力を持つエクレストン副会長が、夢のような計画を口にした。東京での市街地GP開催―。

 「日本では毎年1レースは続ける。だが、東京都心でレースを行うなら話は別だ。私は日本のテレビ局と、このアイデアの実現性を探っている」

 日本のテレビ局とは、放映権を持ち、日本GPの冠スポンサーでもあるフジテレビ以外あり得ない。コースは、道路幅が広いうえ生活道路から切り離しやすく、フジテレビの本社がある港区台場周辺がぴったりの最有力候補。同局関係者は「今のところ何も聞いていない。しかし、本当に開催できるのなら大歓迎だし、お手伝いする用意はある」と大乗り気だ。

 実は、東京での市街地レースは夢物語ではない。石原慎太郎東京都知事はかつて「お台場公道F1GP」構想をぶち上げ、三宅島での公道オートバイレースを企画(その後縮小)するなど、モータースポーツ誘致に積極的。9月に台場で自動車メーカー各社が集まって開催する「モータースポーツ・ジャパン」の名誉会長にも就任した。このイベントでは警視庁の協力で公道でのデモ走行を行う計画もあり、環境整備は進んでいる。

これ、実現したら面白いなぁ。わしも昔、友人とのヨタ話の中で東京グランプリ開催を提唱したことがある。ただそのときの会場はお台場ではなく「皇居一周」。「モナコグランプリがモナコ大公のお膝元をぐるぐる周るのだから、東京は陛下のお膝元というのがスジ」「これなら青山のホンダ本社前をコースに組み入れることもできる」というのがそのときのわしのアイディア。我ながらなかなか良い企画だと思うのだが

まあ実現性ということではお台場の方がその可能性は高そうではある。どっちにしても実現すればものすごい一大イベントになることは間違いない。できればそこをホンダに乗った中嶋一貴が走ることになったりするとより一層盛り上がるんだろうけど