読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

BSアニメ夜話「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」

旅行中に録画していたアニメギガ「とことん!押井守」特集の中で楽しみにしていたBSアニメ夜話うる星やつらビューティフルドリーマー」を見る。しかしこんな濃いテーマの番組を生放送でやってしまうNHKBS、ちょっとスゴイぞw

宮崎哲弥が出ていたのにはちょっと笑ってしまった。この人なんとなくオタク臭のする人だと思っていたのだが、やはりそうだったのね。レギュラーの岡田斗司夫はまあ相変わらず*1、これに作品のファンというアメリカザリガニ、ゲストの平野=ラム=文、演出の西村純二らが絡んで製作当時の裏話などそれなりに盛りだくさんの内容

正直裏話の部分はDVDのオーディオコメンタリーで既にバラされている話がほとんどで新鮮味はなかったが、それを知らない人の深読み度合いを見るのが楽しかった

作品のテーマ性について言及した部分は「終わりなき日常」とか「胡蝶の夢」とか「幸福な記憶の反復」*2だとかこれまでも出尽くしたような話ばかり。それらは映画を形作る要素ではあるけれど、映画自体の実相には迫ってないでしょ

わしはこの映画って「高橋留美子が創造したうる星の世界は"エンドレスな箱庭"に過ぎない」と喝破したものだと思うわけ。「うる星やつら」という作品はあたるとラムの恋路を作品世界の根幹に置きながら、2人が結ばれた時点で作品は終焉を迎えるほかなく、その恋の成就しないことが作品世界そのものの成立条件になっている。したがってこの作品の世界では時間の経過も、キャラクターの成長も、経験や記憶もすべて意味を持たず、無視せざるを得ない。このことを逆手にとって思いっきり皮肉ってみた。これがこの作品の実相だろうと思うのだ

な〜んて書いてはみたものの、これもまた「深読み」なのかも。意外とな〜んも考えず、好きなものを作っただけかもしんないんだけどね

*1:体重は大減量のようだが

*2:そういう表現は使ってなかったけど