カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

バブルへGO!!タイムマシンはドラム式

土曜日にテレビ放映されていたので見る

広末涼子主演のコメディ。日本経済の破綻を防ぐためにバブル期へタイムスリップするという発想は面白い。タイムスリップ物の不文律と言うべき「過去を変えてはならない」などというお題目は初手から無視して、正にその過去を変えるためにタイムスリップするという構成は、その後の展開が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の同工異曲とは言え、新鮮さがある

あまりにも展開が強引で、ドタバタしすぎる感もあるが、あくまでスラップスティックなのだと割り切ってしまえば十分楽しめる。しかしせっかくバブル期の狂騒や風俗の珍妙さを現代との対比で描き出そうとしているにも関わらず、その描き方が表面的でやや中途半端。バブル期の象徴であるかのように描かれるディスコや学生パーティーもほとんど「都市伝説」の再現VTRに過ぎず、非現実的な光景を現実のものとして見せる努力がちっとも感じられない*1。もっとディテールにこだわれば、少なくともその時代を知る人にとっては格段に面白くすることが出来たであろうと思われるのに、非常にもったいない

まあ、とは言えあまり細かいことを言っても仕方のない作品なのだろう。お気楽さ、手軽さも含めてバブル期の雰囲気を表現してみせたのだと考えればわからなくもない。配役、ストーリー、設定、いろいろと無理のある作品ではある。が、テレビであーだこーだ言いながら見る分にはかなり楽しめるのではないだろうか

*1:ラストはその極致