カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

ノイズキャンセリング機能を試す

もう仕事はじめかよ!ってくらい短い正月休みを終えて今日は盛岡の本社へ。いつもはひたすら本を読むくらいしかすることのなかった往復の電車内だが、今回はWALKMANのおかげで楽しく過ごせた

ノイズキャンセリングの設定を「電車・バス」に切り替え、調整値を7まで上げて少し強めに効かせてみる。ホームで電車を待ちながらスイッチオン。するとスッ周りの音が静かになり」、横でうるさいくらいのデカイ声で話していた女子高生の声がほとんど気にならなくなった。これはスゴイ

電車に乗り込むとさらにその効果は顕著。エンジン音や車輪と線路の摩擦音が全くと言っていいほど気にならなくなり、音楽に集中できる。「聞こえない」わけではない。「気にならなくなる」のだ。これが面白い。事実、車内アナウンスは「聞こう」と意識すればちゃんと聞きとれる。しかし聞く必要がなく、音楽に集中していれば雑音としてすら意識されない。前述の女子高生の話し声も同様。わかりづらいかもしれないが、そんな感覚だ

周りの音が気にならなくなることで音量を小さくできるのもノイズキャンセルの大きな利点と言えるだろう。ボリュームを変えるたびにイヤホンを外し、音の漏れ具合を確認してみたが、耳から10cmも離せばほとんど聞き取れないレベル。これを耳の穴に突っ込んでいるのだから、音漏れはゼロに近いはず。他人の音漏れはそれがどんなに良い曲でも不快なものだが、これなら周囲に迷惑をかけることなく気兼ねなく楽しめる

いや、これは良いわ
ポチッとな

広告を非表示にする