読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

東北風土マラソン、スタートまで

東北風土マラソン翌日。朝は見事に寝坊。6時過ぎに目覚めたので必然的にランオフ。まあ、早く目覚めたとしてもふくらはぎが痛くて走れなかったかもしれないけど(-。-;

というわけで時間を巻き戻して東北風土マラソンのレポに移ります


東北風土マラソン当日朝

盛岡の自宅からだと行きに2時間近くかかってしまうが、奥州市の実家からなら1時間程度なので、中継地点として前日から宿泊

午前4時45分、目覚ましが鳴る前に目覚める。レース当日の最初の大仕事はトイレ篭りw。しっかり出しておくこと、これ大事。午前5時大仕事を終え、カミさんを起こそうとトイレを出るとドアの真正面に息子が立っていてビビるΣ(゚д゚lll)

いつもは三年寝太郎の息子もレースが楽しみで目を覚ましたらしい。あーびっくりした

そそくさと準備、と言ってもゼッケンやタイム測定チップの装着は前日に済ませていたので着替えと荷物の確認だけして、午前6時過ぎには出発。途中コンビニでおにぎりやパンを買って軽い朝食。いつもならしっかり朝食をとった後、切り餅を食べてエネルギーを入れるアタクシだが、今回は「食べる」大会なので、かるーくおにぎりだけで済ました。マラソン3回目にしてこんなのは初

7時過ぎに指定されていた駐車場のあるイオンスーパーセンター栗原志波姫に到着。ここのすぐ目の前にある新幹線のくりこま高原駅前が会場までのシャトルバス乗り場になっていた
f:id:ston:20160425210823j:plain
バスの乗車はランナー優先。バス待ちの列の中には、付き添いの家族と一旦別れてバスに乗らざるをえなくなるランナーの方もいて、ちょっと気の毒になる場面も見られた。幸い我が一家は息子もランナーでカミさんは伴走者と認定されたので無事全員一緒にバスに乗り込むことができた

駐車場から会場までは結構距離があり、なんだかんだで30分ほどかかって午前8時頃到着。もうスタートまで1時間しかないが、ファンランの大会なので焦らない

天気は早朝の曇り空から眩しいほど陽の光が照りつける晴天に変わった
f:id:ston:20160425210824j:plain
バスから降りてメイン会場への坂を下る。風は少々強いが、気温がどんどん上がってきていたのでむしろ心地よい。遠くで爆風スランプの「RUNNER」が鳴り響いている。CD音源かと思ったら、サンプラザ中野くんが生で歌っていてちょっとびっくり。こんな朝っぱらからw
f:id:ston:20160425210825j:plain
まずは会場隅の傾斜地に我が家の陣地を設営。と言ってもレジャーシートを広げただけ。あまり居心地が良いとは言えないが、会場全体が見渡せる場所に陣取ることが、できた
f:id:ston:20160425210826j:plain
まずは上に着込んできたシャツとパンツを脱いで、レーススタイルに衣装チェンジ。受付時間終了の8時半ギリギリに受付で参加賞のTシャツとパンフレットを受け取り、その足で手荷物を預けに行くと、もうスタートまであまり時間がなくなってしまったのでカミさん、息子と別れてスタート地点に向かった

ステージでは開会式の真っ最中。地元のお偉いさんの挨拶のあと、サンプラザ中野くんが挨拶と激励。40代が多いと思われる参加者、世代的に沸くw

続いて古田敦也さん。大会のアスリートアンバサダーなんだそう。イメージ通りの元気な人でとてもかっこよかった

その他にもアシックスランニングクラブの池田美穂さん、フェンシング日本代表で地元出身の千田健太さん、あと、えーっと、その他ミュージシャンの人wとかが次々とステージに上がり、大会を盛り上げる。なんかロックフェスみたいで楽しい

ステージに見入っていたら、あっという間にスタート10分前。そろそろスタート位置に移動するか、と思って歩き出した時にふと近くにいたランナーの方の手首に目が止まった

その人の手首にはピンクのバンド。ここでゼッケンとともに酒が飲めない人のために識別用のバンドが封入してあったことをハタと思い出した!

(↑これ。帰った後発見w)
そのバンドがなくても、まさかレース中に酒をすすめられることはなかろうが、「飲まないヤツは絶対にしとけ」(こんな乱暴な書き方ではないw)って書いてあったし、あった方が安心できることは確か。迷った挙句、バンドがなくても良いかどうか、近くの大会本部に行って聞いてみた。が、どうも留守居役がボランティアスタッフらしく、ピンクのバンドの存在すら知らない(-。-;

らちがあかんのでヘルプデスクの場所を尋ねると、なんとスタート地点と真逆の会場隅にあるという。スタートまではあと10分。仕方なくヘルプデスクまで走った。ウォームアップはしない派なのに、期せずしてのウォームアップラン。ヘルプデスクに着くと、並んでいたのは4、5人だったのだが、対応しているスタッフはたったの2人。頑張って対応しているのは伝わってくるが、なかなか処理が終わらない。あと1人で自分の番、というところまで我慢して並んだが、前の人がのーんびり説明を始めたところでスタート2分前。こりゃダメだと諦めてスタート地点までダッシュで向かった

結果的にリストバンドは無くても、自分から酒を所望しなければ何の問題もなかった。が、それに気づいたのはレース後。今思うとなんという脚と時間の無駄遣い

急いでスタート地点まで走り、ゼッケンで示されたBブロックの最後尾に滑り込む。と、すぐにAブロックがスタート。ウェーブ方式なのでその1分後に自分たちのBブロックもスタートを切った

しかし、誰も先を急がないのでゆっくり歩きながら振り返って写真を撮る

ステージではサンプラザ中野くんが元気に「RUNNER」を歌っていた

、、、続きます

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする