カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の46歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

佐倉は安全策で行きます

今日は古河はなももマラソン名古屋ウィメンズマラソンとメジャー(?)な大会でしたね。各地で走った皆さんお疲れ様でした


アタクシは出勤日だったので、会社で名古屋ウィメンズの中継をときどき横目で見てましたが、初マラソンの関根花観選手の力走には少なからず感動しました。終盤、呼吸とともに声が漏れるほど全力での走りだったようですが、あそこまでしっかりペースをキープできるのはさすが。力のある選手だなーと思いました。そして沿道で応援していた日本郵政のチームメイト鈴木亜由子選手にも是非あとに続いて欲しい。関根選手があれだけ走れるなら、きっと鈴木選手も同じくらいは走れるはず。二人で競り合って東京五輪に名乗りを上げてくれれば、もっと盛り上がるんじゃないかなー、と思いました


名古屋ウィメンズに感動をもらったついでに自分のランニングのモチベーションの方もググッと上がってくれれば良かったんですが、正直なところそっちの方はサッパリだったりします(-。-;


それというのも、ここんとこずーーーっと身体はだいたいいつもどこかが痛いという老人みたいな状態。ちょっと力を入れて走ると走ってる時はさほどでもなくても、一度休んだ後は膝がきしむように痛んだり、かかとの後ろに刺すような痛みが走って歩くのもままならなくなったり、まあホントにボロボロ。そんな身体の状態に加えて2月3月とロクに練習も積めていない


こんな状態で2週間後に迫った佐倉朝日健康マラソンで自分がどうなってしまうのか?想像するだに恐ろしい。どう考えてもタイム目標とか言える状況じゃない。もうこの際記録なんか狙わずに楽しく走りゃいいじゃない、と思うかもしれないけど、もともと42.195kmを「楽しく」走れる自信がこれっぽっちもないのでそんな心の余裕はとても持てない。というか完走できるのか?くらいの不安感。不安&不安&不安&恐怖くらいの感覚


少しでも不安を払拭したいと思って練習で頑張ってみても、およそ「頑張った」とは思えないようなレベルの練習でもバテバテになってしまい、余計に不安を増幅させるばかり。まさに負のスパイラルにハマってしまっている


それでも少しでも練習はせねばならぬので昨日は短い距離でもキロあたり4分30秒以上のペースに体を慣れさせる、なんちゃってインターバルトレーニング。風に煽られながら、自分なりに頑張ったつもりだったけど、結果を見るとあまりのスピードの無さにがっかり。戒めに晒す


これだけ見ても何をやったのかよくわからんですね


向かい風でなかなかスピードが出なかったのもあるけど、それにしてもスピード、持久力ともに衰えがひどい


決めた


佐倉はあきらめよう。もちろん自分なりにキチンと走ります。でもタイムは意識しない。壊さないことが大前提。そのためには安全策をとろう。その上で今の力でやれるだけのことをやろう。今一度42.195kmの経験を積んで、次に向かおう


そうしよう

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村