カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

TARTHER KAINOSシェイクダウンテスト!ドSシューズとの格闘プレイ

今朝は前日の岩山ロードワークを受けて、軽めのつなぎジョグが常道だったのだが、どうしても月曜に購入したターサーカイノスの試走をしておきたかったのでレースペースで走ってみることにした

シューズに足を入れて2、3歩走り出した時点から早くもパン!パン!という地面の反発を足の底から感じる。そのままペースはあまり気にせず走り続けていたらあっという間に1km到達。タイムは4分46秒。レースペースよりはちょっと速かったのでペースを下げようと思うのだが、まるでそれを許さないかのように更にシューズが足を突き上げてくる

そうこうするうちにペースはあっという間にキロ4分30秒台に上がる。昨日の足の疲れも残っているので本当はもう少しペースを落としたいのに、シューズがそれを許してくれない(もちろん気のせい)

このターサーカイノス、見た目は上品なくせにとんでもないドSシューズだ!!

その後もペースを落とそうとするたびにシューズが
なあにアンタ、その程度?

※イメージです
と言ってペースアップを促してくる(もちろん気のせい)

そんなドS美女とドMオヤジのエア掛け合い(気のせい)を続けているうちに8kmを過ぎ、ここからは300mのウインドスプリントを5本入れ、ヘロヘロになりながら家に戻った

結果として10kmの通過タイムが45分38秒と、ペース走と呼ぶにはかなり速めのランに。それでもこのターサーカイノスを履いているともっと速く走れる感じはある。というか、キロ5分程度でチンタラ走っているとシューズに怒られそう、とすら思ってしまう(-。-;

とりあえず問題なく試走は終えたので、このじゃじゃ馬さんは限られたスピード系の練習と短いレース以外では温存(封印ともいう)に決定。いつかは履きこなして
あなた、速いのね藤子・F・不二雄先生の名作「倍速」より抜粋)
くらいは言わせたい(気のせいだけど)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村