読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

土日の練習から課題は見えてきた

現在テレビで男子マラソンを観戦中。そのため何ら面白いことは書けません。つーかうわの空です(-。-;

金曜日は身体の疲労を感じたのでランオフ。その代わりと言ってはなんだが、次の土曜日はきっちりポイント練習をこなすことに決めた

さて、問題はポイント練習といっても何をやるか。選択肢は3つ。

  1. 岩本式15kmビルドアップ走
  2. 岩山プチ峠走
  3. 20分間閾値レベル走

このうち、この日は朝の練習時間が一時間しか取れなかったので15kmはムリ。岩山はお手軽だがおととい走ったばかりなので変化がほしい。というわけで20分間閾値レベル走に決定。ただし総走行距離10kmの後半5kmでこれを実施、そこまでは2kmをキロ5分弱、3kmをキロ4分45秒目安で行き、最後5kmをキロ4分30秒を切るペースで走りきる、というプランを立てた

走り始めは例によって足が重く思うように動かなかったが1kmを過ぎたあたりからプラン通りのペースに乗った

あとは時折ガーミンを確認しながら、設定ペースを上回るように走った。3段階目のスピードに乗って2kmも走ると呼吸が苦しくなり、止めたくて仕方なくなってしまったが、1km通過するごとに「あとせめて1km」と踏ん張って走り、トータル10kmを過ぎてすぐに時計を止めた。あとのダウンジョグはカウントせず。ヘロヘロになりながら家へ戻ると、Tシャツは水をかぶったのかと思うほどビショビショになっていた。結果は以下の通り

2段階目が少々速くなってしまったが、その分閾値に近いレベルで長く走ったと思えばOK。練習目的は達したと思う

練習内容に満足し、あとはダラダラしながらオリンピック観戦。しかし、この日のハイライト、陸上男子4×100mリレーのときはさすがに鳥肌が立った。思わずテレビ画面に向かって叫んでしまうほど興奮したけど、あのレースには日本中だいたい同じような興奮をおぼえた人が多かったんじゃないかな?

さらに日曜日は少し長めに走ってスタミナ養成。台風が近づいていることもあって風が強かったが、一応120分間でハーフを少し超えるくらいの距離を走った。気温は大したことなかったが、湿度が高くてしんどかった(-。-;

今日21km余を走って改めて思ったのは、このままじゃ42km走りきれん!ということ

はっきりスタミナという課題が見えてきたのは収穫っちゃ収穫。そろそろ涼しくなりかけているし、もっと長い時間と距離を踏まないと

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする