読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

冒険してもいい頃?

今朝は20kmくらい走りたいなあ、と思っていたのだけど、走り出してみたらびっくりするほど脚が重い(-。-;


LSD並みのキロ7分のスピードでもフウフウと息が漏れてしまうほどだったので、70分ちょっとで切り上げてしまった

原因はまったくの不明。蓄積するほど疲労してるとも思えないので、やっぱり心因性かなあ


ここんとこ悩んでるのは膝の痛み。と言っても腸脛靭帯炎の類ではなくて、お皿の上あたり、膝蓋と大腿骨の間あたりがときどきギリッと痛む。寝た状態から立ち上がる時がとくに痛いのだが、不思議なことに走ってるときはあまり気にならない。なんぞこれ?(-"-)


より速く、より長く走るために何が必要か?当然ずーっと考えてきたが、もしかすると何か根本的に間違ってんじゃねーか?と思うところがあり、ちょっと視点を変えたくてこんな本を読み始めた

まだ半分も読んでないが、今までのランニング技術の知識が全部吹っ飛びそうなほど強烈な内容。視点を変えるどころか、ひっくり返りそうな衝撃を受けているw


曰く

上半身はひねらない
腕は小さく畳んで抱える
腹部は膨らませる意識を持つ
体幹を固めず弛緩させる

などなど。普通のランニング教本に慣れ親しんだ人が読むと、え?と思っちゃうような中身の連続なのだけど、著者の体の構造に関する知識がしっかりしているので、結構納得させられる


走る「技術」に重きを置いているのも良い。よくある「何キロを何分で走りなさい」みたいなことは基本書いてないし、何より面白い


この本に書いてあることを実践しようとすると、アタクシの場合ひょっとして今まで良いと思っていた走り方の全否定に近いようなことになりそうなのだが、これまで大した結果は出ていないので、いっそここらで大転換を図るのもアリかもしれない


まずはしっかり本を読み込もうと思うけど、この時点で次からの練習が楽しみになってきた


ちょっと冒険してみますかね

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする